ダイオードレーザー(ライトシェア)の特徴

アメリカのハーバード大学の研究所で誕生したダイオードレーザーは、別名ライトシェアとも呼ばれており最先端の脱毛機器として徐々に知名度が上がってきました。「早い」「安い」「効果大」という3要素を兼ね備えているため、非常に人気が高くなっているのが現状です。レーザーのパルス幅が調整できるため、患者一人一人に合わせた調整ができるため、その人の特徴に合わせた脱毛ができます。また、冷却システムを搭載しているため、皮膚への悪影響を抑えて痛みを最小限にとどめて、脱毛効果を高める役割があります。また冷却装置を搭載している事で、直接皮膚へ接触させて施術ができるため、毛を1本ずつコツコツ処理するのではなく、一気に広範囲を脱毛処理できるので、非常に短時間で効果的な処理ができるのです。また、産毛であっても自分で脱毛処理をしている部分であっても、男性のヒゲや処理の難しい部分まで、とても幅広い種類の部位まで問題なく効果的に脱毛処理ができます。